得意なことを大切に

目次

597-1 ▼ 得意なこと、苦手なこと

人にはみな、得意なことと苦手なことがあります。

一方で、学校、特に公立の小学校では、全員が一通りのことができるように育むことが求められる側面があります。

ですからどうしても、得意なことを伸ばすよりは、できないことをできるように底上げしてあげる方向で大人のサポートが入ることが多いです。

だものですから、子供たちは否応なしに、自分のできないところに目を向けるようになります。

597-2 ▼ 得意を伸ばすほうが早くて楽しい

苦手なことが練習によってできるようになることはありますが、多くの場合、苦手なものはどこまで行っても苦手です。

時間をかけて練習して、「まあなんとかできる」くらいのレベルまで行けば上々吉という感じの人が多いでしょう。

それよりは、得意なことを伸ばしたほうが、圧倒的に成長スピードが速いし、やっていて楽しいものです。

どうかすべての人が、自分の得意なことを楽しんで、力を伸ばしてほしいなと切に願います。

597-3 ▼ 誰かが喜んでくれる

自分のことは自分ではわからないものですから、ぜひ周囲の人が、その人の得意なことを教えてあげてほしいなと思います。

自分の得意なことは、きっとどこかの誰かに喜んでもらえます。

自分一人で何もかもできなくても全く構わないのです。

それぞれが得意なことを持ち寄れば、全体が一つになって回り出します。

今何かに悩んでいる子供たち(大人たちにも)に届けばいいなと願いつつ。


本日は以上です。
次回の配信は4/18(月)です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次