立ってパソコン作業をしてみて気づいた、「集中できない」の別の意味

目次

595-1 ▼ 立ってパソコンを打ってみる

最近、パソコンを立って打ってみています。

わたしは一日中パソコンに向かって仕事をしているので、どうしても肩がこります。
ある治療家の先生に相談したところ、パソコンは立って打つのが一番マシということでした。
で、それを試し始めて数日というところなのですが。

まず気づいたのは、「長時間集中するのが難しい」ということです。

なんというか、つい身体が動いてしまうのですよね。
足が疲れてきて姿勢を変えたり、ふと目線を動かしたりして、気持ちがふわふわとあちこちに飛びます。

立っていると、座っているよりも身体を動かしやすいので、なんとなく足踏みしたり腕を回したり、ちょっとコーヒーをいれに台所に立ったり、という時間も増えました。

595-2 ▼ 集中できない=あちこちの情報をキャッチする

たとえば学校では基本的に座って授業を受けますが、着座姿勢を維持することと、机上の学習における集中度は明確に比例します。

そのことが自分自身でもよくわかりました。

立っていると、これまでのように、何時間も画面に向き合いっぱなしということができない。
つまり、集中できないのです。

ところで、冷静に考えてみると、生物としてはそのほうが自然ではないだろうか、という気もします。

8時間穴を掘り続ける犬なんて存在しないように、同じ姿勢で同じ作業を何時間も続けているほうがおかしいのかもしれません。

集中できない・気持ちがあちこちに飛ぶということは、逆に言えば、あちこちの情報をキャッチしているということです。

595-3 ▼ 新しい世界観

それによってこれまでにない情報と情報の結びつきが生まれて、発想が柔軟になったり、新しい気づきが生まれたりするかもしれません。

お尻をドシンと固定して指先だけで生み出した文字よりも、ゆらゆらふらふらと揺れながら身体でつかまえたことのほうが、何か新しい響きを持っているような気もします。

学校で座っていられない、先生の指示が聞けない、ルールに従えない、すぐ立ち歩く、といったお子さんについても、これまでとは違うサポートの方法が見つけられそうな気もしています。

「立ちパソコン」が今後どんなふうに発展するか、楽しみです。
皆さんのお役に立つようなことがあればまたシェアさせていただきますね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次