課題が大きすぎて身動きが取れないときに行動を引き出す考え方

目次

488-1 ▼ できる・できないを決めるときの傾向

目の前の課題があまりにも大きく、手の付けようもないと感じるとき。

課題に対して自分で試行錯誤して道を見つけることができる子供たちもいます。

が、そうでない子供たちは、その巨大な山に登ろうとすることを諦めます。

そのようにして諦めるときの子供たちの認識には、一つの傾向があるように思います。

それは、「0か100かの大きな物差しを当てはめる」ということ。


たとえば算数が苦手な子がほぼ必ず口にする言葉があります。

それは、「算数が全然わからない」というフレーズです。

488-2 ▼ 細かい目盛りを刻む

彼らは確かに算数が苦手かもしれませんが、「全然」わからないということはほとんどありません。

足し算はできますか、引き算はわかりますか、九九は覚えていますか、
とさかのぼって土台から確認していくと、みんな何かしらはできるのです。

細かく見ていけばできることはあるのに、そうした小さな認識をすべて捨てて、「全然」という大きな言葉を当てはめるところに、彼らの認識傾向の特徴があります。

何かが苦手だ、できない、自分には向いていない、等とひとたび思うと、パタンと扉をしめてそこから先を考えないようにしてしまうようなところがあるのですね。

でも、実際には、「できる/できない」という0か100かの目盛りだけでなく、「ここまではできる」「ここから先はちょっと手伝ってもらえばできる」などという、もっと細かい目盛りがあるはずです。

488-3 ▼ 行動が引き出されるオリジナルの目盛り

0か100かの大きな物差しを当てはめてしまって身動きが取れなくなっている子に提案してあげたいのは、その細かい目盛りを見直してみることです。

2桁×1桁の筆算から練習してみようか、などと、その子にとって無理なくできるところまで戻ってあげると、ちょっとやってみようかなという気持ちが動きやすくなります。

「全然わからない」という大きな物差しに、足し算、引き算、九九、という細かい目盛りを刻んでいってあげることで、目の前の物事が、自分にも捉えられるサイズ感になってくるのですね。

あまりにも大きな、自分の能力を完全に超えた(と感じられる)山を見ると、それに上ろうなどと思いもしなくなるけれども、その山に階段が切ってあって、一定距離ごとに休憩所が設置してあると知れば、最初の休憩所までならちょっと上ってみようかな、という気にもなれますよね。

人の行動を促す、こうした目盛りの細かさは、全員が一定の幅というわけではありません。
その人にとって一番行動が促されやすいスケール感というものがあって、大股の駆け足で2~3メートルを一気に進んでいける人もいれば、1センチずつゆっくり歩いていく人もいます。

でも、誰もが、その人だけの目盛りを自分の中に持っているのです。

その人の中に眠っている行動を引き出す一つの方法として、「その人の目盛りの細かさを見つめ直す」ということを試してみていただけたらなと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる