バランスセッションが繋ぐもの

目次

141-1 ▼ Kさんの感想シェア

昨日はバランスセッションの体感モニターさんにお越しいただきました。
Kさんとお呼びします。
医師として忙しくお仕事をされつつ、二人のお子さんの育児や家事に全力で取り組んでおられる方です。
Kさんにご快諾いただきまして、セッションの体感等をシェアさせていただきます。

Kさんは、育児とキャリアプランとの兼ね合いや、パートナーとのやりとりの齟齬、職場からのパワハラめいた圧力などに悩まれていらっしゃいました。

Kさんはご両親から厳しく育てられ、ご自身でも非常に強い意思を持って人生を切り拓き、素晴らしい成功をおさめてこられた方です。

昨日も少し書きましたが、Kさんのタイヘキは「チャレンジする、目標に向かって努力する」力がとても強いものです。
タイヘキの特徴をとてもうまく活かしてここまで進んでこられたのだなあと思います。

それだけに、人生のプランがご自身の思い通りにならない状況に対するストレスは、はたで想像する以上に強いものだったのではないかと思います。

かなり長いこと、睡眠障害や聴覚過敏などの身体症状に悩まれているということでした。

141-2 ▼ 身体に触れると見えてくる

お話を伺った限りでは、よほど身体が固まっているのではないかと予想したのですが、なんとKさんの身体は驚くほどくにゃくにゃでした。少し触れただけですぐに波が通ります。

その一方で、ご両親からの躾の話を始めると、身体が型にはまったかのように、ピタッと波が止まりました。

身体に触れさせていただいて感じたのは、Kさんは「受け取るのが上手な方」なんだなということです。

もともと柔軟で繊細で、物事や情報を素直に受け取って素直に体現することができる。
その上、チャレンジして達成する底力を備えています。
だからこそ、身体は周囲の圧力やネガティブな感覚を敏感に受け取っていながら、逃げずに頑張って努力を続けてこられたのでしょう。

でもたぶん、そろそろ、次のステージに進む時期なのかな?とも思います。
Kさんは「三輪堂の文章が読んでいて気持ちよかった、こっちの方向に行きたいと思った」とおっしゃいました。
ご自身がそうお感じならば、それを妨げるものは何もないと思います。

ご両親の躾の話をしている時に身体が固まったという話をしましたが、実は、その固まり方は、悪い印象ではなかったのです。
確かに硬いのですが、規律・規範・正しい姿勢といった涼やかなものもイメージできました。

ご両親への反発もなくはなかっただろうとは思いますが、たぶんご自身の中でしっかり受け止めて昇華して、今ではご自身が主体的に、そうであることを選択されているのではないかなと感じました。

141-3 ▼ 人生を活かし生きる

人生には何一つ無駄なものはありません。

Kさんはきっと、ご両親からの厳しくも深い愛情と、職場でのハードな体験をもとに、ご自身が本来持っている柔軟で繊細な本質を、もう一段深い次元で表現する時に来ているのではないかなと思います。

Kさんの笑顔がますます明るく強く涼やかになりますようにとお祈りしております。

Kさん、ありがとうございました!

バランスセッションではこんなふうに、その方の現在地と、その方の行きたい方向性を、その方の身体で繋いでいきます。

メッセージはすべてその方の身体の中にあって、わたしはそれを引き出すお手伝いをほんの少しさせていただくだけです。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます
あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる