発達障害の二次障害を防ぐための3つの観点

目次

423-1 ▼ 二次障害という考え方

二次障害という考え方があります。

生得的な発達の特性のうち、スムーズな生活を営む上での困難に結びつくものを「一次障害」とするならば、その一次障害があるがゆえの周囲との関わり合いの難しさ、その結果として生まれる新たな困難を「二次障害」と呼びます。

たとえば、発達の特性から他者の気持ちを想像することが難しい(これが一次障害)お子さんがいたとします。
その特性のために学校生活でお友達とのぶつかり合いが多く、先生から叱責や指導を受けることもしばしばでした。
その結果、ご本人は社会生活に自信を失い、学校を休みがちになりました。これが二次障害です。

(※上記は仮想事例です)

423-2 ▼ 学校教育の影響の大きさ

この「二次障害」が生まれる要因として、「学校教育」は大きな割合を占めていると考えられています。

「就学前は本人の特性に応じてゆっくり見守りながらのびのびと生活できたから何も問題がなかったけれど、小学校に上がった途端に集団生活の流れに従うことが強く求められ、うまく行動できない場面が急激に目立つようになった」

といったお悩みもしばしば耳にします。

念のため、この記事は学校教育に非を唱える意図では断じてありません^ ^

ただ、発達に特性のあるお子さんにとっては、学校で二次障害につながる課題や困難に出会う可能性は低くはない、と言うことはできそうです。

423-3 ▼ 二次障害を防ぐための3つの観点

学校教育、医学・福祉、矯正教育など幅広い分野を横断して行われた研究によると、二次障害を防ぐために重要な観点として、以下の3つが考えられるそうです。

  1. 適切な学びを得られること
  2. 自己理解
  3. 信頼感

それぞれについての詳述は今回は割愛しますが、子供たちが最も長い時間を過ごす場である「家庭」と、前項に述べた通り子供たちの社会生活に大きな位置を占める「学校」とで、上記の3つを育んであげることが、子供たちの心身の健やかな育ちのために重要であると言えるでしょう。

子供だけでなく大人にも同じことが言えそうですね(^ ^)

ご家庭や教育機関、療育施設等での日々の関わり合いに、ご参考になればと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる