痛みや悩みの捉え方をちょっと変えてみよう

目次

420-1 ▼ 痛みや悩みをどう捉えるか

心身に痛みや悩みなどの不調を感じるとき、その不調を

「あってはいけないもの」
「今すぐ改善すべきもの」

と捉えることがあります。

ここで少し視点を変えて、痛みなどの不調は、「心身の調整が始まっているきざし」と捉えてみてはどうかな、と思います。

そのように捉えるほうが、ちょっと時間はかかりますが、最終的にははるかに良い結果に結びつきます。

420-2 ▼ 痛みの改善を丸投げしない

整体や鍼灸などの施術を利用される方は、「痛みを取る」ことを目的とされる方が多いのだそうです。

ところで、人の心身が発する痛みは、心身の無理を教えてくれたり、改善すべき何かの存在を教えてくれたりするものです。

まさしく「心身の調整が始まっている」わけですね。

その痛みを、「自分以外の何か・誰か(薬、専門家の施術や治療など)」が改善してくれると丸投げにしてしまうのは、せっかく自分で調整しようと動き始めた心や身体からすると、流れかけた水を堰き止められるようなもの。

丸投げすると、一時的には楽になっても、根本的な原因は何も変わっていないので、また何らかの形で痛みや悩みなどの違和感が出てきます。

420-3 ▼ 育児・療育の悩みも同じ

三輪堂のオンラインセッションや相互循環セッションでも、痛みや課題が浮き彫りになることがあります。

それはその方ご自身が解決すべきもので、ご本人以外の誰にも・何にも、解決は肩代わりしてあげられません。

病院も薬も、整体も鍼灸もセッションも、あなた自身が痛みや課題を解決するための “サポート” として活用するのであれば大いに役に立ってくれるでしょう。

が、それらはあくまでサポートであって、主体者の座に祭り上げるのはちょっと違う、ということを、ぜひ念頭に置いてみてください。

そういう目で見ると、育児・療育の悩みや課題も、また違った見え方になってくると思います^ ^


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

あなたの現在地から過去を振り返り、あなたの得たい成果から、進むべき道をそっとご提案します。
過去から現在を見るのではなく、未来から現在と過去を見る。
現在の捉え方が変われば、過去の定義づけも変わり、人生すべてが変わります。

1対1でじっくりとお話を伺う中で、あなたの人生を浮き彫りにします
メッセージはすべてあなたのお話の中にあります
その中から、あなたの才能や生まれてきた意味が見えてくるかもしれません

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる