思い切り寝てみたら目が開いた!気づかないうちに溜まっている「何か」について

目次

284-1 ▼ 驚くほど目が開いた

ここ数日、身体がずいぶん重かったもので、今日は思い切って、めちゃくちゃ寝てみました。
すべての家事と仕事を放棄して寝てみた結果、驚いたことに、目がものすごくパッチリと開きました。

1か月くらい前からでしょうか、お会いする方から「お疲れですか?」「疲れた顔をしてますね」などと言われることが増えていたのですが、自分では特にそんな気もしていなかったので、受け流していたのです(^ ^;)

でも今日のこの目のパッチリを見てしまうと、ああ今までの自分は目が開いていなかったんだな、それは疲れて見えるだろうな、としみじみ理解しました。

284-2 ▼ 気づかないうちに溜まっている

やはり、疲労や負担感の蓄積は、身体にも心にも良くないな、と改めて思います。

疲れが溜まったら良くないということは誰もが理解していると思いますし、否定する方はおられないと思うのですが、では実際にわたしたち自身がそれを実践できているかというと、、、

自分のことは自分が一番わからないものです。
今日の瀧本がそうだったように、気づかないうちに思いがけないほどの疲労が溜まり込んでいた、ということは、どなたにも起こり得るだろうなあと思います。

284-3 ▼ やらなければいけないことをやめてみると

わたしたち大人は、毎日いろいろな義務や約束や課題に囲まれて生きています。
お子さんのことで日々悩んだり、不安を感じたり、あれこれ考えたりしている方も少なくないでしょう。
ご自身では意識していなくても、悩み事がご自身の中に滞って、気づかないうちに顔や身体に表れているかもしれません。

たとえば、「やらなければいけないこと」を思い切ってやめてみて、一日、お子さんと二人きりで、笑ったり遊んだり、好きなものを食べたりしてみたら、詰まっている何かがふっと抜けて、風が通ることがあるのかもしれません(^ ^)

自分一人では詰まりが抜けそうにないな、どうすればいいかわからないな、、 と思われる方は、どうぞ三輪堂のオンラインセッションにお声掛けください。
あなたの中にある「何か」を、ご一緒にゆるめていきましょう。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる