食べ方は生き方

こんにちは。三輪堂です。面白く生きる連載、235通目です。

目次

235-1 ▼ 食事を丁寧にとることで

昨日は、食べることは自分の心の状態を象徴している、と書きました。

心が乱れているときに刺激の強いものを食べたくなるのがそれで、強い波に強い波をぶつけて相殺するようなものです。

ということは、逆もしかり。

食事を丁寧にとることで、心の波を穏やかに整えていくことができます。

235-2 ▼ 食べることと向き合ってみる

試しに、一日に一回で良いので、食事と丁寧に向き合ってみていただきたいなと思います。
可能なら、ご自身の手で丁寧に料理してみてください。
料理は何でもいいです。不得手な方でも調理しやすいもの、たとえば生野菜を切ったサラダとか、ゆで卵とかでもOKです。

心をこめて料理して、できたものを自分の真正面に置いて、その食事の中心に届ける気持ちで「いただきます」と言ってみてください。
そしてゆっくり噛んで召し上がってみてください。

こうして、何かを食べるというプロセスと丁寧に向き合うことは、すなわち自分自身と丁寧に向き合うことです。
食べることを通して、気づくことが色々とあると思います。

235-3 ▼ 忙しいときこそ

毎日忙しく生活していれば、特に小さなお子さんがいるご家庭などは、丁寧に料理をしていられるときばかりではないと思います。
時にはお惣菜を買ってくるとか、インスタントラーメンで済ませるとか、そういう日もあるかもしれません。

それはもう、全然アリだと思います。
スーパーで買ったポテトサラダは手抜きだとかなんだとか、そんな話題がありましたが、人にとっては食べることそのものが素晴らしいのですから。どこでどんな風に手に入れた食べ物かは関係ありません。

とはいえ、食べ方は生き方の象徴ですので、忙しいときに急いで食べ物を飲み込んでいると、忙しさが加速します。
ですから、忙しいときこそ、食べ物と真正面から向き合って、よく噛んで食べていただくのが良いですね。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる