先日、Aさんのお宅にお邪魔して、アロマタッチをさせていただきました(^^)

Aさんは基本的に健康な方ですが、最近重いものを持ったせいで腰が弱っている実感があったそうです。

Aさんからご感想をいただきましたので、シェアします。

 

================

アロマタッチの間は、暑い夏の昼下がりなのに極楽浄土にいるようでした。

 

最初の香りがリラックスを促すということでしたが、単純に好きな香りだったので、すーっと体に入って心地よかったです(^^)
その後、すーすーする香りが続いたので、さらに呼吸がしやすく、深く、たくさんの空気を吸えるようになって、よりリラックスできました。

 

視覚は遮っていたので、その分、香りと瀧本さんの手の触感、自分の呼吸とピアノの音色をただ味わっていた感じ。
オイルがぴとぴと背中に落ちて、そのたびに新しい香りがして、それをすーっとなでるように瀧本さんの手が動いて、とにかく優しくしてもらったなぁと思います。

 

途中、背骨付近の両側を親指でぴこぴこ押しながら腰から首に向かっていく場面が二回ありました。
お伝えしたように、腰は少し弱っている自覚があるので、どうかなと感覚に集中したところ、一回目はやはり痛みがありました。痛気持ちいいという感じでしたが、たぶんもう少し強く押されていたら「痛い」が強くなって「ギブ!」と手を挙げたかも。

 

で、二回目はというと、押されてもほとんど痛みがなかったです。一回目と二回目で押す強さを変えましたか?・・・と思うくらい。(変えてないですよね?)

 

アロマタッチが終わった後は、香りに包まれたままぼんやりと余韻に浸っていて、すぐに動きたくなかったです。

 

そして、その後お菓子を食べましたが、何というか「お腹が空いている」と感じて、とても美味しくいただきました。
その後、空腹感を抱えたまま、次の予定の場所に行ったので、ずっとお腹が空いてました。晩御飯が美味しかった!!

 

オイルを塗ってもらった部分は、特に背中にすーすーというかじんじんというか、余韻が残っていて、また時折ふわっと香りも蘇り、しばらく気持ち良かったです。

================

 

Aさんは健やかな心身をお持ちの方なので、アロマタッチによって「お腹が空く」という元気な反応が引き出されました(^ ^)

本当に、人によって全く違う反応が引き出されるので、自然の力って面白いなあとつくづく感じます。

自分自身が何を必要としているかは、私たちの体が一番よく知っているのですよね(^ ^)

 

Aさんが書かれているように、背骨に沿って圧を加えていく手技が二回あるのですが、私はどちらも力を変えてはいません。

オイルが体にしみこんでいくうちにどんどん筋肉がゆるんでいったので、腰にかかっていた余分な力も抜けていき、痛みを感じなくなったのだと思います。

 

健康な方でも、肩や腰に凝りや痛みを抱えている方は多いですね。

体の凝りは、体に余計な力がかかっていることから起こります。
たとえばパソコンを長時間見ていると肩が凝るのは、本来あるべきでない姿勢でずっと体を固めている(=余計な力をかける)からです。

赤ん坊や野生動物のように、自然体のまま過ごしている存在は、体に凝りなどありませんね。

凝った肩をマッサージして(=さらに余計な力を加えて)凝りをほぐそうとすることが一般的ですが、私たちの体本来のあり方から言えば、体をゆるめ、余計な力を抜いてあげる方が本質的です。

 

アロマタッチは植物の力を借りて体の力を引き出す手技です。

Aさんの腰がゆるんだのは当然の結果なのです(^^)

体の力を整え、引き出す方法をお伝えする伝授講座を9/3に行いますので、もっと詳しく知りたい方はどうぞお越しください。

 

 

Aさん、ありがとうございました。

 

日々ただ感謝。

目指せ循環!

 

 

アロマタッチ体験をご希望の方はこちら ⇒ エッセンシャルオイル体験会

体の力を引き出す方法を詳しく知りたい方は ⇒ 自由に柔軟に生きるコツを体感で学ぶ伝授講座