言葉を教えることとコミュニケーションが生まれること

目次

393-1 ▼ 言葉が出ない子、コミュニケーションが苦手な子

東京オリンピックのスケートボード中継で、プロボーダーの方の自由な解説が話題になりました(^ ^)

話題になったのは「ゴン攻め」「ビッタビタ」などのフレーズです。

こうして文脈から切り離して書いてしまうと、意味がわかるようなわからないような・・・ という感じになりますが、現場の勢いの中でご本人が口にされていると、まっすぐに胸に届いてきます。

これこそが、言葉の力だなあと思います。


療育・保育・教育の現場では、言葉が出ない・遅い、コミュニケーションが苦手である、といったご心配がよくあります。

言葉の支援についてはさまざまな働きかけが研究されていて、地域でも言葉の教室などにつなげる支援が確立されているところが多いようです。

393-2 ▼ 言葉を教えることはできるけれど

ご家庭でできる働きかけとしては、

  • 口腔に器官的な課題があるかどうかを専門家と確認する
  • お子さんの喃語(アーアー、ウウウ、等の言葉になる以前の音)を真似て投げ返してあげる
  • 絵カード等を使って単語を教える
  • たくさん話しかけるまたは言葉を絞って話しかける(※お子さんの特性によってどちらが受け入れやすいか変わってくる)

などなどが考えられます。

このような働きかけを通して、言葉そのものや、挨拶、返事、「ありがとう」や「ごめんなさい」、貸し借りの言葉など、集団生活での「頻出ワード」を「教える」ことはできるだろうと思います。

が、それがうまくできたからといって、それは「コミュニケーションが取れる」ということなのでしょうか。
また逆に、それがうまくできないからといって、「コミュニケーションが苦手だ」と判断してよいのでしょうか。

393-3 ▼ コミュニケーションが生まれてくる環境を整える

言葉とは、その人の内面世界を表現するものです。
言葉が出ないからといって内面世界が存在しないわけではありません。

小さなお子さんの場合、言葉にはならなかったとしても、表情、目つき、しぐさ、態度、身振り手振りなどで、その子の中にある内面世界の響きが伝わってきます。

その響きに乗せてこそ、言葉は生きてきます。

「ゴン攻め」「ビッタビタ」といった定形外の言葉が多くの人の心に届いたのも、それが話者自身の波にぴったりと乗っていたからでしょう。

それこそがコミュニケーションというものなのだろうと思います。


絵カードで単語を覚えることにも大いに意味はありますが、コミュニケーションを豊かに交わすためには、ご本人の内側から湧き出てくる響きを大切に汲み取り、育んであげる関わりこそが大切です。

コミュニケーションが生まれやすいのは、その人らしさ、その人の主体性、イキイキとしたその人自身が弾け出るような環境にあるときです。

言葉の種類や使い方は「教える」ことができます。
でも、コミュニケーションについては、「教える」ことを考える前に、ご本人の中から「生まれてくる」環境を整えてあげることを目指したいものですね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次