発達障害のお子さんは、発達上のさまざまな理由で、文字を書くのが苦手な場合が多いですね。

日本では美しい字が美しい心構えを表すと受け取られる文化もあり、字が汚い・雑であるということがとても低く評価されます。

もちろんきれいな字を書けるに越したことはないのですが、字が汚いからといってその子の努力が足りない、心がけが悪いと考えるのはあまりにも一方的です。いつどんな時でも、お子さんの気持ちに寄り添い、認知特性をふまえた指導を心がけたいものです。

 

 

学校の先生の中には、書き順や見た目の美しさを厳しく指導される方がいらっしゃいます。

これはこれで、とても大切で、必要なことなんです。

というのは、一度間違って覚えてしまった字を正しく覚え直すのはとても難しいからです。最初からきちんとした字を身につけさせようとする方針は間違っていません。

 

 

学校の成績は、筆記テストや提出課題など、書かれた文字で判断されることがほとんどです。日常生活の中でも、ものをまったく書かずに過ごすことは難しいでしょう。

字を書くことに強い苦手意識を持っているお子さんの場合でも、ある程度の書字スキルを身につけることは必要です。

 

 

字を指導する時には2つの観点があります。

1.トメ・ハネ・ハライや書き順など、字そのものを美しく書けるように練習する

2.気持ちや事物を表現するためのコミュニケーションツールとして活用できるように練習する

 

スマートフォンやタブレットPCが飛躍的に普及している現代の事情を考えると、1よりも2を重視して指導したほうが、お子さんの人生にとって有意義であると考えています。

1をないがしろにして良いわけではありませんが、1にこだわるあまり、字を書くことに抵抗を感じたり、書くことが嫌いになってしまっては本末転倒です。そのくらいなら1に対する要求水準を下げてあげるべきでしょう。

 

 

1、2のどちらも、お子さんの様子に合わせて、指導方法はいくらでも工夫できます。

その子が困っていること、その子の認知特性によって、どれがフィットするかはまったく変わってきますが、具体的に指導の工夫の一例を書いてみましょう。

 

たとえば1の練習では、

 

・なぞり書きを何度も繰り返す

・なぞり書き→模写→何も見ないで書く、という順番で練習する

・なぞり書きをした直後に書いてみる

・大きなマスに書く

・マスの周りを色でなぞる

・書くところ以外の情報が目に入らないように隠す

・ひも粘土で字の形を作る

・漢字パズルを使う(参照記事

文字練習アプリを活用(間違えた直後にアラートが出たり、間違えるとそれ以上先に進めなかったりするので、文字の正しさを追求しやすい&自分の指を動かして書くと字を覚えやすくなった事例あり)

・トランポリンなどで体幹を鍛える(姿勢を維持する力や手先をコントロールする力が弱い場合)

・指先を使う運動をする(同上)

 

2の練習では、

 

・「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「どうした」のカードを作り、一つずつ考えて書き出していく

・絵を見てその内容を説明する

・2~4コマのマンガを切り分けて正しい順番に並べ替える

・人の気持ちを考える練習をする

・単語(名詞、形容詞、感情を表現する言葉、事物の様子を説明する言葉など)を覚える

・指導者との話し合いを通じて考えを掘り起こし、フセンに代筆してあげ、フセンを並べ替えることで文章としてまとめる練習をする

・最初にPC入力をさせ、あとで清書する

・文字は本人と指導者が読めれば良いことにして、雑な字でも、符丁を使っても良いことにする

 

パッと思いつくだけでもこんな例が出てきます。

もっとさまざまなやり方でお子さんに合わせた指導を工夫されている方々が大勢おられるものと思います!

 

 

何かを練習する時は、目標を一つ決めて練習開始時にお子さんと共有し、それ以外の点は大目に見てあげましょう。

たとえば、文字をマスにおさめることを練習するなら、字のきれいさや書き順は大目に見る。字を正しく書くことを練習するなら、マスにおさめることを気にしなくて済むように大きなマスに書く、といったようにです。

これによって、指導の焦点がぶれず、お子さんが集中しやすくなりますし、お子さんと指導者の双方に達成感が生まれやすくなります。

 

何かを学ぶということは、机に向かって国語や算数を勉強することだけを言うのではありません。

 

その子が新しい知識を得て、新しい体験をして、
「すごい!」 「わかった!」 「できた!」 「楽しい!」
こんなふうに感じられることが、 すべて 「学び」 と言ってよいでしょう。

 

人に強いられてムリヤリ鉛筆をとる、厳しい指導にやる気や自信を失う、といった学び方では、「学んでいる」とは言えません。
学ぶ楽しさを知っているかどうかで、 お子さんの人生の彩りは大きく変わってきます。

すべてのお子さんが本来の学びの楽しさを感じられるような支援を心がけたいものですね。

 

 

学校での勉強がうまくいかないと感じておられるご家庭では、家庭学習を強くお勧めします。保護者がお子さんにとってベストな指導者になれれば、お子さんの学びの質は飛躍的に向上するものと思います。

三輪堂では、保護者がお子さんの認知特性に合わせてベストな支援を工夫できるようになる、療育の原理原則をふまえてコツをお伝えする無料メール講座や、お子さんのご状況に合わせて継続的にアドバイスをお送りするサポートを行っています。よろしければご活用くださいね。