今日は、某県在住のYさんとお会いしてお話しさせていただきました。
たまたまお仕事で東京に見えたついでに、私のところにもお立ち寄りいただけたのでした(^ ^) 嬉しいな♪♪

 

Yさんは、笑顔がキラキラした、なんとも明るく素敵な方でした!
一目で相手をとりこにしてしまうような、温かく透明感のある笑顔の持ち主でした。

 

Yさんは某市を中心に、家庭訪問スタイルの療育支援をされています。
ご自身のお子さんへの療育体験をもとに、彼女なりの療育サポートをされているのですが、その学びの道のりがスゴイんです!

 

————————
●お子さんが小さい頃、年に3~4回、医師の診察を受けていた。医師の働きかけの様子をビデオ撮影し、映像の内容を全て書き起こして、次の診察までの数ヶ月、「先生が言ったことを全て日常生活の中で取り入れて働きかけた」。

●その甲斐あってか、毎回の診察のたびに医師が驚くほど、お子さんに目覚しい伸びがあった。

●「あなたも保護者をサポートする側に回ってはどうか」と医師に勧められ、

●新幹線に乗って首都圏まで出向き医師の診察の様子を見学させてもらう、支援の資格を取るなど、勉強を重ね、

●「そろそろいいんじゃない?」と医師にお墨付きをもらって、自分の活動を開始。
————————

 

という感じで進んでこられたそうなのです。この行動力・実践力には全く圧倒されました。
医師に言われたことを素直にそのまま実践できる方はなかなか少ないものですし、ビデオの内容を書き起こすほどの熱意を持てる方もどれほどおられるものか。小さなお子さんを持ちながら、地元と関東との往復を頻繁にできるフットワークの軽さにも、ただもうすごいの一言です。

 

***

 

Yさんはよく「歯車がかみ合う」という言い方をされていました。
親子の・夫婦の「歯車がかみ合う」と、療育は自然とうまくいく、と。
Yさんの目には、数多くのご家庭の「歯車がかみ合う」瞬間が見えているのだろうな、と思います。
私が理想としている「じぶんの木を育てる」育児観と重なる部分も多く、お話を伺っていると時間があっという間に経ってしまいました。

 

日本全国に、Yさんのような熱意のある素晴らしい支援者が大勢いらっしゃるものと思います。日本は捨てたものじゃないな、と胸が熱くなりました(*^ ^*)

 

これからお仕事に向かわれるYさんに、今日の出会いへの感謝と、地域でのご活動に対する感謝をこめて、エッセンシャルオイルを使ったボディマッサージをさせていただきました。

このマッサージをすると、体がゆるんで、もともと持っている力が引き出されます。軽い風邪なら治っちゃいますし、気分がスッキリしたり、肩こりが楽になったり、翌日の寝起きが爽快だったりと、良いことがたくさんあります(^ ^)
体が強くなったことを体感していただくための簡単なワークをその場で行ったところ、Yさんも「え~!?何コレ!?」と驚かれていました。
※このへんについて詳しく知りたい方は、ワークショップ「体とココロをゆるめよう」にどうぞお越しください!

 

体とココロをゆるめて、Yさんのお仕事もうまくいきますように(^ ^)

 

***

 

写真は、マッサージを行ったベッドと、お持ちくださったお土産のお菓子です。
うちの子供たちはこのお菓子のおいしさに大興奮でした♪

 

Yさん、ありがとうございました!
今後のご活躍を心から応援しています。