東京大学が行っている「異才発掘プロジェクト」とは、、、

突出した能力がありながら、教育環境になじめないために不登校傾向にある小中学生を選抜し、継続的な学習保障や生活サポートを提供するプロジェクトです。

略称を「ROCKET(ロケット)」と言います。

 

 

 

8月に、ROCKET主催のワークショップが行われるとのこと。場所は福岡と札幌です。

ご関心がある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

以下、ROCKETからのニュースレターの文章を転載します。

 

 

======ニュースレターの引用 ここから======

 

8月に「ROCKETワークショップ&保護者交流会 in 福岡・札幌」開催決定!

今回、ROCKETで開催するワークショップは以下の通りです。
(1)実学ワークショップ&保護者交流会
(2)IT活用ワークショップ

 

 

(1)実学ワークショップ&保護者交流会

・実学ワークショップ/「料理を教科書にする」(定員15名)
実体験を通した活動の中にこそ、子どもが楽しく学べるネタが隠されています。実学ワークショップの教科書は本ではなく料理!学校の教科書とは一風変わった形で、楽しく学べる場を提供します。

※ 先日、東京・大阪で行われた全国セミナーで開催した「オレンジの球体から世界をみる」とは異なるプログラムです。
※ 参加者はエプロンをご持参ください。
※ 料理のテーマはただ今検討中です。どうぞお楽しみに!

 

・保護者交流会(実学ワークショップ参加者の保護者対象)
子どもが学校になじめない、子どもの人間関係がうまくいかない、子どもに適した教育の場や機会がない、等でお悩みの保護者向けの相談会です。同じような立場にある保護者と、お茶を飲みながら、普段から抱えている悩みを話し合ってみませんか?

※ 実学ワークショップの時間帯に行います。
※ 飲み物や食べ物は各自でご用意ください。
※ 実学ワークショップへの申し込み時に、保護者交流会への参加申し込みを一緒に行ってください。
※ お子様の参加はできません。

 

 

(2)IT活用ワークショップ/「タブレットをノートと鉛筆にする!」(定員:親子で計30名)
iPad等のタブレットPCを活用することにより、読み書きの困難を補うことができます。IT活用ワークショップでは、その具体的な方法をご紹介します。

※ このワークショップは読み書きに不安がある方が対象です。
※ 先日、東京・大阪で行われた全国セミナーと同様、機器の基本的操作を中心にした内容となります。
※ iPadやiPhoneをお使いの場合は、当日ご持参ください。

 

 

【募集する参加者】
実学ワークショップ&IT活用ワークショップ共通
・小学3年生~中学3年生まで(その他、ご希望があればご相談ください)
・自分の興味への探究心がある子ども
・不登校傾向など学習機会が十分に保障されていない子ども
・ROCKETの活動に興味がある子ども

 

保護者交流会
・実学ワークショップへ参加する子どもの保護者

 

======ニュースレターの引用 ここまで======

 

 

申し込み方法や日時・会場等の詳細については、近々、ROCKETのホームページに掲載されるとのこと。

7月13日現在、申込フォームなどは掲載されていません。

ご関心がおありの方は定期的にチェックされてみてくださいね。

ROCKETのホームページはこちらです。

https://rocket.tokyo/

 

こちらのホームページは、今、作り変えている最中のようですね。以前見た時とかなり見た目が変わっています(^ ^)

あちこちが作り途中なので(笑)、早く完成してほしいなあと陰ながら応援しています!