はっきりした診断を受けるほどではない、けれどもどことなく、「普通の」子とはちょっと違う気がする・・・

そんな「グレーゾーン」のお子さんは、近年では1クラスに数人程度の比率でいると言われています。