クールダウンスペースをより効果的にする(かもしれない)簡単なコツ

 

気持ちが乱れがちなお子さんのために、クールダウンスペースを用意されている方は少なくないでしょう。

 

パーティションや段ボールで囲む、
家具のスキマに布を貼る、
押入れやクローゼットを活用する、
市販のテントを利用する、

 

などなど、さまざまな方法がありますね。

 

sanrindou

 

 

人によって心地よさを感じる環境は違うので、ご本人が一番落ち着ける環境を演出してあげたいものです。

そこで、心地よさをよりよく演出できるかもしれないヒントを一つご紹介します。

 

それは、 四方の壁だけでなく、天井と床も囲む ということ。

 

 

 

 

ちょっとイメージしてみていただきたいのですが、
たとえばカップルでカフェや居酒屋さんなんかに行こうと思ったら、やっぱり個室がいいですよね(断言)。
で、個室といったら、カラオケボックスの部屋のようにピタッとドアが閉まる個室のほうがよくないですか?
パーティションで区切られただけで、天井も足元もスカスカな状態では、安心していちゃいちゃできないですよね(え?)

 

sanrindou

※安心していちゃいちゃするの図

 

 

気持ちを鎮めようとする時も同じです。
実際、全く同じ場所・同じ空間なのに、天井と床を囲むようにしただけで、

積極的にクールダウンスペースを活用するようになったという事例をいくつも伺っています。

 

 

そもそも閉鎖的な空間が苦手という方には向きませんが、狭いところに身を沈めることで安心できる方にはオススメです。

よろしければ試してみてくださいね。

 

 

それでは、また!

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

コメント

コメントする

目次
閉じる