kaorinotikara

このページでは、アロマタッチという手技に使用する8種類のオイルについてご説明します。

アロマタッチという手技について、詳しくはこちら ⇒ エッセンシャルオイル体験会でアロマタッチを体感していただけます

 

1.アースリズム

穏やかで満ち足りた気分に導くブレンドオイルです。
アロマタッチでは一番最初に使うことで、施術する人と受ける人が心を通わせることができます。

・幸福な気持ちを作り出す
・中枢神経系を落ち着かせる
・落ち着いた気分を促す
・感情を穏やかにする

アースリズムを5滴とって、自分の正中線(おでこ、胸元、丹田、足の裏)に塗ると、いわゆる「地に足がついた」状態になります。体がしっかりして、何かあっても心身ともにブレを感じにくくなります。

 

2.ラベンダー

穏やかで甘い香りと癒しのパワーで、数千年にわたって愛されてきたオイルです。
「洗い流す」力があり、アロマタッチではリラックスのために使われています。

・気分を落ち着かせる
・情緒を調整する
・不安やストレスを軽減する
・健康なコルチゾールレベルを保つ

※コルチゾールとは、主にストレスと低血糖によって分泌されるホルモンです。
コルチゾールレベルが高すぎると、高血糖とそれによる血流低下や動脈硬化、免疫力や筋力の低下、脳の働きの低下、不眠などをもたらします。
コルチゾールレベルが低すぎると、低血糖とそれによるエネルギー不足や無気力感、炎症反応が起こりやすくなる、眠りが浅くリフレッシュできない、といった状態を引き起こします。

切り傷や虫さされ、とこずれなど、皮膚の炎症も鎮めてくれます。
眠りにも大変良い効果があり、不眠症の方には足裏に2~3滴つけて軽くマッサージする方法をお勧めしたいです。

 

3.ティートゥリー

複雑な化学組成を持っており、消毒剤としての効果が極めて高いオイルです。
肌を清潔に保ちます。

・抗感染作用
・組織を健康に保つ
・免疫系をサポート

オーストラリアの先住民アボリジニが感染症や切り傷の治療に使っていた植物です。
高い殺菌消毒作用と免疫促進作用があり、風邪やウイルスの感染力を弱め、悪化を防ぎます。
水虫、いんきんたむし、膣カンジダ、とびひ、シラミやダニに刺された時などにも。
じんましんや虫さされ、皮膚の炎症には、ラベンダーとティートゥリーを混ぜて塗ると、スッとかゆみが治まり、赤みと腫れが引きます。

 

4.オンガード

スパイシーな香りと身体を守るパワーが特長のブレンドオイルです。
アロマタッチでも、身体を守る力を引き出すために使われています。

・身体の免疫反応をサポート
・自然の抗菌性を活用
・細菌、ウイルス、カビなどを効果的に抑制

やや刺激が強いので、皮膚が弱い人はココナツオイルで希釈することをお勧めします。
風邪でのどが痛い時、体調が悪い時に服用すると、とても楽になります。

※本来は、原液を直接飲むことは控えた方が良いとされているオイルですが、のどに直接当たるように飲んだ方が効くとおっしゃっている先生もおられます。私は個人的には、原液をのどに当てるのは刺激が強いと感じており、カプセルに入れて服用しています。カプセルで服用しても、5分もしないうちにのどのイガイガが楽になります(^ ^)

 

5.アロマタッチ

心身を落ち着かせ、リラックスに導くためのオイルを取り混ぜた、マッサージのためのブレンドオイル。
肌を心地よく癒してくれます。

・肌を柔らかく爽快にする
・組織を落ち着かせる
・循環を高める
・筋肉痛、痙攣、緊張を減少

神経を使いすぎた痛みに効果的。
ディープブルーラブ(ディープブルーが丸々1本分入っているクリームです)にアロマタッチオイルを4~5滴混ぜて塗ると肩こりなどの痛みがすっきり改善します。

 

6.ディープブルー

ひんやりした刺激を与えながら肌を温めるブレンドオイル。
スッキリした香りの中で筋肉を癒してくれます。

・筋肉痛の炎症を冷やす
・筋肉痛と筋肉の違和感をなだめる
・健全な炎症反応を支える

※炎症反応とは、体内に入った細菌などの異物や弱った自分の細胞を排除するための働きであり、悪いものではありません。適切な炎症反応が起こることによって、身体本来のバランスが保たれます。

筋肉の強い痛みに効果的。
ディープブルーが丸々1本入ったクリーム「ディープブルーラブ」が大変お勧めです。そのまま塗るだけでも筋肉を癒してくれますが、各種オイルを合わせることでさらに効果が増します。

 

7.オレンジ

オレンジの皮を圧搾して抽出された、甘酸っぱくみずみずしい香り。
アロマタッチテクニックではペパーミントと混ぜて使い、元気と活力を与えてくれます。

・免疫機能をサポート
・肉体的・精神的バランスを取る
・気分を高める
・ストレスを軽減する
・抗酸化レベルを高める

オイルに含まれるリモネンが体内酵素の働きを高めます。
ミネラルカシスに入れて飲むのもお勧め。体内に蓄積された化学物質を溶かしてくれるとされています。

 

8.ペパーミント

清涼感あふれる香りが中枢神経を刺激し、脳の機能を活性化させます。
アロマタッチテクニックではオレンジと混ぜて使い、元気と活力を与えてくれます。

・神経を刺激する
・組織を爽快にリフレッシュする
・血管が拡張して血流がよくなる
・筋肉の痙攣を抑制する
・思考を明晰にする

気力や集中力を高め、消化器系や呼吸器系にも働きかけます。
抗菌・防臭作用もあります。
ペパーミントとオレンジを1滴ずつ手に取って首の後ろに塗ると、集中力と元気が即座にアップ!
ペパーミントを1滴、鼻の下に塗ると、集中力がアップします。やや刺激が強いので、ヒリヒリ感が苦手な方はココナツオイルで希釈すると良いでしょう。

 

 

 

——————————
オイルについてのご相談はメールまたはLINE@でお気軽にどうぞ!

エッセンシャルオイル体験会も実施中! ⇒ 詳しくはこちら
——————————