虫が苦手。でも「気持ち悪い!」は言わないようにしています

かぶとむし

私は虫が苦手です。たいていの動植物は平気なんですが、虫だけはどうも・・・。。。
今、保育園の息子の教室にカブトムシの幼虫がいて、教育的には素晴らしい機会だと思うのですが、息子に毎日「幼虫だよ!見て!」と引っ張っていかれるのが軽く苦痛です(笑)。
カブトムシの幼虫ってなんであんなに太いんでしょうね~・・・なんであんなにツヤツヤしてるんでしょうね~・・・ううう。。。。。。。

 

 

虫や爬虫類などが苦手な保護者は少なくないと思います。
虫を見て、思わず「気持ち悪い!」などと叫んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

ですが、お子さんの前では、できるだけ否定的な言葉は使わない方が良いですね。
虫のことをなんとも思っていなかったお子さんまで、保護者の言葉を聞いて、「虫=気持ち悪いもの」と考えるようになってしまいます。

 

信頼する保護者の言葉は、お子さんにとっては非常に大きな影響力を持つものです。
苦手な気持ちを偽って好きなふりをする必要はありませんが、
「気持ち悪い!」ではなく、「大きい虫だね」「ツヤツヤしてるね」「いま何してるんだろうね」「何を食べるんだろうね」など、お子さんの興味を損なわないような表現を心がけてあげていただければと思います。

 

 

この考え方は生活のどんな場面でも活きてきますよ。

たとえば病院で治療を受けた後に、泣いているお子さんを慰めながら「よしよし、イヤだったね」などと声をかけている保護者を見かけますが、
この「イヤだったね」という言葉は、「治療=イヤなもの」という考えを形にしてしまっているようなものです。
ここでも、「イヤだったね」ではなく、「頑張ったね」「これで元気になるよ」など、治療を肯定的に捉えた表現を心がけてあげるのが良いですね。

病院嫌いを改善することにもつながります。

かぶとむし

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次